自動車産業
header image 2
     
   
     
   プレス製造の自動車パネルと部品  
プレス製造の自動車パネルは成型しやすさ、強度と塗装後の耐蝕性といった特色があります。
 
A. 成型:
合金化溶融亜鉛めっき鋼板の表面は堅く、プレス時の摩擦係数を低下させるので、成型度が高い自動連続プレス加工製品への使用に適しています。
 
B. 成型後の強度:
合金化溶融亜鉛めっき鋼板の高強度鋼材は、高強度軟鋼および高強度の硬鋼(別名:焼き入れ硬化型鋼片)に分かれ、軟鋼成型後の張力強度を向上させます。
 
C. 塗装後の耐蝕性 :
合金化溶融亜鉛めっき鋼板の表面処理済みの鋼片には、最も優れた塗装後の耐蝕性があります。多くのメーカーはT-430ステンレス鋼に取って代わる合金化溶融亜鉛めっき鋼板を採用しています。その主な理由は塗装後の耐蝕性が似通っているからです。合金化溶融亜鉛めっき鋼板には優れた成型性および塗装後の耐蝕性を備えているゆえに、自動車製造産業に幅広く採用されています。