家電産業
header image 2
     
   
     
 
スポット溶接性と塗装附着性は家電製品製造のカギとなる要素です。
 
  A:  塗装附着性:  
 
合金化溶融亜鉛めっき鋼板の塗装を速めるには、電圧降下にさせ火花放電を低下させなければなりません。それで、同じ塗装プロセスを採用する表面処理鋼材において、最も塗装附着性に優れた種類といえます。また、塗装過程において塗料厚が厚過ぎになるのを防ぎます。
 
  B: スポット溶接性::  
 
合金化溶融亜鉛めっき鋼板は鉄をスポット溶接の媒介としており、すべての表面処理鋼材において最も優れたスポット溶接性を持っています。冷間圧延鋼板の連続スポット溶接の寿命は10000スポット、合金化溶融亜鉛メッキ鋼板は5000スポットを超えます。マルチスポット溶接プロセスで採用するマイクロ波オーブンは、合金化溶融亜鉛メッキ鋼材での製造に非常に適しています。