header image 2
     
   
     

建材

 

 

欧州の環境保護法は、ほとんどの亜鉛めっき鋼材においてクロムを含んではならないと規定しています。それで、EG/GI は塩水噴霧試験の耐蝕時間が低下しています。

 
合金化溶融亜鉛めっき鋼材は製造時から六価クロムが含まれておらず、塗装後の塩水噴霧試験において720時間を達成しています。この種の合金は特殊な表面処理をしていることから、すべてのめっき鋼材において塗装附着性に最も優れ、PVCラミネーションにも適用できます。多くのオフィス家具やパーテーションおよびスチール家具のメーカーは、この種の合金の特殊な表面処理と、優れた耐蝕性を生かし、EG/GI鋼材に取って代わる合金化溶融亜鉛めっき鋼材を採用しています。