Header image header image 2  
     

DVD特集

product image 1
標準化された生産品質管理
続きを読む >

product image 2
カスタマイズされた解決策
続きを読む >

 
 
 
 
 
 
合金化溶融亜鉛めっき鋼材(GA)とは?
人々の生活が持続的に改善されるのにともない、鋼鉄製品の品質もますますレベルアップしてきました。環境汚染防止と同時にコストダウンの問題を考慮し、弊社は合金化溶融亜鉛めっき鋼材の採用をお薦めしています。この種の鋼材は繁雑な洗浄、酸洗浄および表面処理プロセスを省略でき、低コスト、高品質、高効率で環境にやさしいといった特性を持っています。
 
特性:
1.製造過程および在庫の管理が容易
顧客様は半完成品のストックをお求めいただけます。それにより少量オーダーおよびすばやい出荷のニーズにお応えできます。この種類の鋼材は冷間圧延鋼材のように7日以内に錆が発生することはありません。

2.塗装プロセスの簡略化

冷間圧延鋼板(SPCC):の塗装プロセス:酸洗浄-脱脂-水洗浄-洗浄-表面処理-塗装

合金化溶融亜鉛めっき鋼板(GA):正面塗装のみ必要

合金化溶融亜鉛めっき鋼板を採用する場合、2-3分間の時間、化学薬液量を節約でき、約4-5%のコスト削減できます。

 
3.塗装コストの低下

冷間圧延鋼板(SPCC):品質の安定性のために両面塗装が必要 。

合金化溶融亜鉛めっき鋼板を採用する場合、約40-50%の塗装コストを削減できます。

合金化溶融亜鉛めっき鋼板を採用する場合、約40-50%の塗装コストを削減できます。

 
4.環境にやさしい
合金化溶融亜鉛めっき鋼板(GA)は環境にやさしい鋼材で、鉛、カドミウム、水銀、六価クロムなどの物質は含まれていません。
 
5.製造工程の簡略化
製品が内部部品の場合、無塗装あるいは電気めっきするだけで組み付けできます。
 
6.製品品質の向上
 

6-1.
冷間圧延鋼板(SPCC):コーナー部と死角箇所は塗装しにくく錆が発生しやすい。

合金化溶融亜鉛めっき鋼板(GA):亜鉛めっき処理自体に耐蝕性があり、製品品質を維持できる。

 
6-2.
冷間圧延鋼板(SPCC): 酸洗浄と表面処理過程が適切でないと錆が発生しやすい。

合金化溶融亜鉛めっき鋼板(GA): 亜鉛層の陽極作用によって切断面が保護される。

大型製品で水洗浄が難しい場合、特殊表面処理したノンオイル合金化溶融亜鉛めっきコイルを採用できる。

 
6-3.
冷間圧延鋼板(SPCC): 製品の塗装後、衝突や擦傷があるとその個所から錆が発生しやすい。
 
合金化溶融亜鉛めっき鋼板(GA): 製品に擦傷があっても、亜鉛層の保護作用により錆は発生しにくい。
 












.